SOCCER PUSH UP! powerd by a-ticketSOCCER PUSH UP! powerd by a-ticket

pick2016_2_10|ともに絶好調とは言い切れない横浜FMと鹿島の対戦

Jリーグ創設時から名を連ねる“オリジナル10”同士の対決である。今季、その“オリジナル10”のひとつである名古屋が残留争いをする中、一度も降格経験のない横浜FMと鹿島は、より誇りと意地を見せなければならないだろう。

pick2016_2_9|前回対戦では浦和が川崎を凌駕したが、第2ラウンドはどうなる?

今シーズンのJ1優勝を占う大一番としてだけでなく、純粋に国内最高峰のサッカーを楽しむという意味でも注目である。

年間順位は1位が川崎、2位が浦和で、勝ち点差はわずか2。一方、2ndステージだけでみれば、1位が浦和、2位が川崎で、その勝ち点差は3。まさに今シーズンのリーグ戦を牽引する2チームが激突する好カードだ。それでいて、両者が披露するサッカーも、それぞれ哲学は異なれ、完成度と成熟度という点において高次元にある。優勝争いという観点からも純粋にサッカーという魅力においても、両者のサポーターだけでなく、サッカーファンならばワクワクするはずだ。

pick2016_2_8|年間順位を見れば、両者ともに大事な一戦となる

 今節行われる湘南対広島の一戦は、2ndステージにおける1試合と位置づければ、注目カードに推す声は少ないかもしれない。だが、年間順位に目を移せば、両者にとってかなり重要なゲームとなる。

 年間17位に沈むホームの湘南にとっては、5連敗中という負の連鎖を断ち切るきっかけにしたい試合である。年間順位で最下位の福岡との差は3ポイント。一方で、降格圏を脱する年間15位に位置する甲府との勝ち点差もわずか1ポイントである。6試合ぶりとなる勝利は、選手たちが自信を取り戻す上でも必要だが、J1残留という戦いにおいても喉から手が出るほど欲しい勝ち点3となる。

PAGE TOP
  • INDEX

NEW ENTRYNEW ENTRY

NEWSNEWS

PICK UP MATCHPICK UP MATCH

COLUMNCOLUMN

WORLD FOOTBALL COLUMNWORLD FOOTBALL COLUMN

INTERVIEWINTERVIEW

PREVIEW OF SPECIAL MATCHPREVIEW OF SPECIAL MATCH

【固定】PICKUPMATCH
【固定】twitter
【伊東純也】抜群のスピードでピッチを駆け抜ける“IJ”【PLAYER’S FILE vol.05】
【江坂任】物腰の柔らかい紳士だがプレーは泥臭い「王子」【PLAYER’S FILE vol.04】
ステージ優勝を決めた鹿島に見た“勝つすべ”[COLUMN]
リオ五輪OA枠内定の広島のDF塩谷司が模索する未来
清武が先制するも相手エースの2発で日本敗れる
岡崎、香川らが躍動した日本代表が大量7得点で大勝!
【大島僚太】一見クールで、口数も多くなく、おとなしい。しかし—【PLAYER’S FILE vol.03】
【菊池大介】老若男女が虜になる湘南随一の愛されキャラ【PLAYER’S FILE vol.02】
連続得点の土居聖真を変えた父親の言葉[COLUMN]
【柴崎岳】クラブハウスにファンが殺到!鹿島不動のボランチ【PLAYER’S FILE vol.01】
香川、本田ら得点で快勝! 無敗無失点で最終予選へ
アフガニスタンに快勝も、さらなる向上を!

PICK UP MATCHPICK UP MATCH

RSS