SOCCER PUSH UP! powerd by a-ticketSOCCER PUSH UP! powerd by a-ticket

【W杯予選】久保の活躍でタイに大勝も、露呈した課題

2017.03.29

|香川と岡崎のゴールでリードした日本だが……

ホームにタイを迎えたW杯最終予選第7戦に大勝し、日本は大きくW杯出場に前進した。
ただし、圧巻だったのは前半20分までだった。

5日前の3月23日に行われたUAE戦で救世主となった今野泰幸と、1トップを務めた大迫勇也をケガで欠く日本は、UAE戦に続いて右サイドの久保裕也が魅せた。

前半7分、久保は森重真人からのロングフィードをDFの裏で受けると、敵陣深くまで侵入し、ゴール前へと折り返す。これを受けた香川真司は、目の前にDF2人がいることを確認すると、冷静にキックフェイントを入れてタイミングを外し、冷静にゴールを決めた。

続く前半19分、再び久保は右サイドでパスを受けると、ゴール前にクロスを供給する。これに合わせてニアに走り込んできたのは、1トップに起用された岡崎慎司だった。岡崎は得意のヘディングシュートでニアをぶち抜くと、スコアを2−0とした。

香川のW杯最終予選初ゴールと岡崎の代表通算50得点により、幸先良くリードを奪った日本だったが、観客と相手を魅了したのはここまでだった。

|タイに主導権を握られ、チームは立て直せず

戦前の予想を覆して、前から果敢にボールを奪おうとするタイは、主導権を奪い返すと日本のゴールに迫った。

一方、リードを奪っているにもかかわらず、日本は前へと急ぐあまり、ボランチの横パスやCBの縦パスが相手にひっかかり、ボールを奪われてしまう。ショートカウンターから、日本の左サイドを使われると、再三、クロスを上げられてしまった。前半41分には森重が狙った縦パスを相手にカットされると、アディサク・クライソーンにゴール前まで侵入される。前半終了間際に与えたCKは、川島永嗣のファインセーブにより失点を免れたが、終始、攻守がちぐはぐで、窮地に立たされ続けた。

グループA最下位に沈むタイは、この試合に敗れれば予選敗退が決定するため、リスクを冒してでも前に出てくる状況ではあった。だが、後半に入っても日本の守備は修正されず、タイに押し込まれ続けた。

後半6分にもCKからアディソン・プロムラックにフリーでシュートを放たれた。これもシュートが枠を大きく逸れ、日本は助かったが、他にもパスを回され、追い越してくる相手に対して後手に回り、度々ピンチに陥った。これがタイではなく、強豪国であり、トップレベルの選手であったならば……。相手のミスに救われたと言い切れるほど、日本は試合の主導権を握られ、崩された。

|久保の活躍という収穫と、試合運びという課題

そうした悪い流れを払拭したのは、前半の2得点に絡んだ久保だった。後半12分、右サイドで得たスローインをスペースで受けた久保は、ドリブルで中央に運ぶと、豪快に左足を振り抜き、2試合連続となるゴールを決めた。

後半38分にはCKから吉田麻也がヘディングシュートを決めてスコアを4−0としたが、後半41分には相手の猛攻を受けて、長友がPKを献上。川島が完璧な読みと反応を見せて、PKをストップしてみせたが、川島の奮起と、久保の活躍がなければ、結果はひっくり返っていてもおかしくない内容だった。

スコアだけを見れば4−0の大勝ではある。だが、リードを奪った後の戦い方には疑問を残した。長谷部誠であり、今野を欠いた中盤は、正確性と構成力を失い、CBが前線やサイドにロングフィードを繰り返しては、相手にボールを拾われる悪循環を招いた。

予選においては、勝利という結果が最優先されるべき項目ではある。だが、残り3試合は、イラク、オーストラリア、サウジアラビアと、タイ以上の実力を擁する相手との試合になる。そうした状況を考えると、タイ戦での出来は、課題を残したと言えるだろう。

ただ、久保がゴール、アシストと、目に見える結果を残し、代表のレギュラー定着に大きくアピールしたと同時に、新世代の活躍に触発された岡崎、香川、吉田が「負けていられない」とばかりに奮起したことはプラスであろう。それにより生まれた競争意識は、チーム全体のレベルアップにもつながるはずだ。

収穫と課題——大勝したタイ戦は、さらに緊張感が増していく予選残り3試合に向けて、両面が露わとなった1戦となった。

文:SOCCER PUSH UP! 編集部
写真:佐野美樹

PAGE TOP
  • INDEX

NEW ENTRYNEW ENTRY

NEWSNEWS

PICK UP MATCHPICK UP MATCH

COLUMNCOLUMN

WORLD FOOTBALL COLUMNWORLD FOOTBALL COLUMN

INTERVIEWINTERVIEW

PREVIEW OF SPECIAL MATCHPREVIEW OF SPECIAL MATCH

【固定】twitter
【W杯予選】狙い通りの完璧な勝利で、日本代表が6大会連続W杯出場決める!
国内実績十分の“助っ人”たちの活躍が光るJリーグ[COLUMN]
【W杯予選】久保の活躍でタイに大勝も、露呈した課題
ストライカーの活躍はチームの成績と比例する[COLUMN]
【石川大徳】後編「ケガで苦しんでいる選手たちのサポートがしたい」
広島を支えた佐藤寿人と森﨑浩司が最後の試合で見せた姿勢[COLUMN]
広島・森崎浩司が現役引退を決意したきっかけと思い広島・森崎浩司が現役引退を決意したきっかけと思い
【関根貴大】仕掛け続けるサイドアタッカー。ボールに執着する姿は子犬のよう【PLAYER’S FILE vol.07】
【中町公祐】ピッチ内では泥臭く、ピッチ外では爽やかなボランチ【PLAYER’S FILE vol.06】
【伊東純也】抜群のスピードでピッチを駆け抜ける“IJ”【PLAYER’S FILE vol.05】
【江坂任】物腰の柔らかい紳士だがプレーは泥臭い「王子」【PLAYER’S FILE vol.04】

PICK UP MATCHPICK UP MATCH

RSS