SOCCER PUSH UP! powerd by a-ticketSOCCER PUSH UP! powerd by a-ticket

【W杯予選】狙い通りの完璧な勝利で、日本代表が6大会連続W杯出場決める!

2017.08.31

|浅野拓磨がDFの裏に抜ける得意の形で先制点を奪取

ホームでオーストラリアを2−0で破った日本が、6大会連続となるワールドカップ出場を決めた。その戦いぶりは、今予選にして最高の内容であり、チームとしての狙いであり意図が発揮された試合だった。

試合が動いたのは、前半41分だった。オーストラリアにとってみれば、まるでエアポケットにはまったようなものだっただろう。互いに好機を逃した直後だった。左SBを担う長友佑都が、ゴール前にクロスを上げる。GKとDFラインの間に上がったそのクロスに合わせて走り込む選手がいた。持ち前のスピードを活かしてDFの後ろからゴール前に飛び込んだその選手は、正確にコースを狙って左足で合わせると、ボールはゴールに吸い込まれた。

勝利をたぐり寄せる、W杯出場を引き寄せるゴールを決めたのは、浅野拓磨だった。

右サイドで出場した浅野は、それまでは決して見せ場を作れていたわけではなかった。だが、本人も「狙っていた」と振り返ったように、まさにオーストラリアのウィークを突き、自身のストロングを活かした形からゴールを決めてみせた。

3−4−2−1システムを採用し、最終ラインから徹底的にボールをつないでくるオーストラリアに対して、4−1−2−3システムを用いる日本は、押し込まれても組織的な守備で相手を追い込み、ゴール前への侵入を許さなかった。同時に高い位置でボールを奪えれば、前線の中央を担う大迫勇也に預け、そのポストプレーから素早い攻撃を繰り出した。ボールを保持したいオーストラリアと、ボールを保持させている日本——ピッチでは両者の狙いが色濃く反映されていた。

まさに浅野の得点は、そうした隙間を突く、狙いどおりの一撃だった。

|先発起用の期待に応え、井手口陽介が豪快な追加点

1−0で折り返した後半も、オーストラリアは戦い方を変えることなくボールをつないできた。ただ、そのビルドアップは精度と怖さを欠き、日本の守備は的確に刈り取ることができた。

オーストラリアは後半25分に、“日本キラー”とも言われるティム・ケーヒルを投入。その直後こそ試合の流れが変わり、オーストラリアが右サイドから好機を作ったが、ヴァヒド・ハリルホジッチ監督は、乾貴士に代えて原口元気を送り込むことで、流れを引き戻した。

そして、その采配がピタリと当たる。後半32分には、その原口が左サイドをドリブルで突破すると、相手陣内深くまで侵入して折り返す。その混戦から井手口陽介がシュートを狙ったが、相手DFに当たりGKにキャッチされた。ただ、このふたりが、次のチャンスを確実に活かしたのである。

後半37分だった。原口が相手のマークに遭いながらもパスをつなぐと、受けた井手口がドリブルで仕掛ける。相手を交わして中央に切り込むと、豪快に右足を振り抜く。相手GKの手に当たりながらもゴールは決まり、勝利を確かなものとした。

|6大会連続の出場が決まり、世界で勝つための戦いが始まる

勝てばW杯出場が決まる一方で、負ければ出場が大きく遠のく一戦で、ハリルホジッチ監督は、FWに大迫勇也、浅野拓磨、乾貴士、MFに井手口陽介、DFに昌子源と、次世代を担う選手たちを起用した。その彼らは、チームの狙いであり意図を忠実に遂行。得点こそなかったものの大迫は、前線でボールを収めて攻撃の起点になり続けた。浅野は待望の先制点を奪っただけでなく、得点後は見違えるようにDFの裏を突くと、右サイドを疾走した。追加点を奪った井手口は、その持ち前の運動量で相手を潰し、ボールをつなごうとするオーストラリアを苦しめた。吉田麻也とCBでコンビを組んだ昌子にしても、ミスの少ないプレーで無失点に貢献した。

予選がはじまったときは、本田圭佑であり、香川真司、岡崎真司ら経験豊富な選手たちに頼らざるを得ないチームだったが、予選も終わりに近づくにつれて、若手が成長、台頭してきたことは、本大会に向けた大きな強みと言えるだろう。また、プレッシャーのかかる大一番で、チームの意図を体現しただけでなく、結果を残したという自信はさらなる飛躍につながるはずだ。その一方で、精神的支柱としてチームを支えた長谷部誠や吉田麻也、川島永嗣といったベテランの頼もしさも光った。長谷部がW杯出場を喜びつつも、厳しさを語ったように、現時点で本大会に出場できる保証は、誰一人としてない。それは、チームが世界を勝ち抜けるという保証も同様である。6大会連続のW杯出場が決まったこの日、1年後の本大会に向けたサバイバルと、世界を勝ち抜くための戦いが始まった。

文:SOCCER PUSH UP! 編集部
写真:佐野美樹

PAGE TOP
  • INDEX

NEW ENTRYNEW ENTRY

NEWSNEWS

PICK UP MATCHPICK UP MATCH

COLUMNCOLUMN

WORLD FOOTBALL COLUMNWORLD FOOTBALL COLUMN

INTERVIEWINTERVIEW

PREVIEW OF SPECIAL MATCHPREVIEW OF SPECIAL MATCH

【固定】twitter
【W杯予選】狙い通りの完璧な勝利で、日本代表が6大会連続W杯出場決める!
国内実績十分の“助っ人”たちの活躍が光るJリーグ[COLUMN]
【W杯予選】久保の活躍でタイに大勝も、露呈した課題
ストライカーの活躍はチームの成績と比例する[COLUMN]
【石川大徳】後編「ケガで苦しんでいる選手たちのサポートがしたい」
広島を支えた佐藤寿人と森﨑浩司が最後の試合で見せた姿勢[COLUMN]
広島・森崎浩司が現役引退を決意したきっかけと思い広島・森崎浩司が現役引退を決意したきっかけと思い
【関根貴大】仕掛け続けるサイドアタッカー。ボールに執着する姿は子犬のよう【PLAYER’S FILE vol.07】
【中町公祐】ピッチ内では泥臭く、ピッチ外では爽やかなボランチ【PLAYER’S FILE vol.06】
【伊東純也】抜群のスピードでピッチを駆け抜ける“IJ”【PLAYER’S FILE vol.05】
【江坂任】物腰の柔らかい紳士だがプレーは泥臭い「王子」【PLAYER’S FILE vol.04】

PICK UP MATCHPICK UP MATCH

RSS