SOCCER PUSH UP! powerd by a-ticketSOCCER PUSH UP! powerd by a-ticket

【中村航輔 -柏レイソル-】前編「どのチームにも勝つ準備はできている」

2014.10.07

1 10月9日よりミャンマーでAFC U-19選手権が開催される。この大会は2015年にニュージーランドで行われるFIFA U-20ワールドカップの予選も兼ねている。アジアの出場枠は4カ国。すなわちAFC U-19選手権でベスト4に勝ち進まなければ世界への切符は得られない。
 だが、過去の歴史を振り返ると、日本は3大会連続でFIFA U-20ワールドカップへの出場権を逃している。育成年代のうちから、世界の強豪と言われる同世代と真剣勝負を経験することは、何ものにも代え難い財産となる。AFC U-19選手権に臨むU-19日本代表は、4大会ぶりとなる世界への切符をつかむことができるか。
 大会を目前に控え、U-19日本代表の守護神を務めるであろうGK中村航輔に話を聞いた。3年前にFIFA U-17ワールドカップに出場して世界とやれる手応えと世界との差を実感したからこそ、再び世界大会のピッチに立ちたいという思い。そして、アジアを勝ち抜く決意とは——。

9|U-17W杯で対戦したブラジルには正直、勝てないと思った

——AFC U-19選手権2014に臨むU-19日本代表に選出されました。大会を直前に控えた今の心境は?

「やっとはじまるなという感じです。まずは世界大会(FIFA U-20ワールドカップ)への切符をつかむことですよね(※AFC U-19選手権でベスト4のチームにFIFA U-20ワールドカップの出場権が与えられる)。率直に言って出たいですよね。U-17日本代表のときにワールドカップの舞台を経験させてもらって、やっぱり、また、あの舞台に立ちたいと思ったので、今回もそのピッチに立ちたいですよね」

——日本サッカーの歴史を振り返ると、過去3大会ではAFC U-19選手権でベスト4に入れず、FIFA U-20ワールドカップの出場権を得られていないという現状がある。

「3大会連続してU-20ワールドカップに出場できなかったことには必ず理由があると思います。それを僕たちは、世代が違うから関係ないというのではなく、先輩たちが出場権を獲得できなかった理由をしっかりと考えていきたい。繰り返さないという表現はちょっと違うのかもしれませんが、そうならないようにしたいと思っています」

——先ほども話題に出たけど、中村選手は2011年にメキシコで開催されたFIFA U-17ワールドカップに出場している。あの大会で得た経験とは?

「うまく言葉にするのは難しいのですが、やっぱり、その場所で、その空気を肌で感じたというのが一番大きいですよね。それぞれの国の同世代の代表として選ばれてきた選手たちと真剣勝負をする。その空気は今まで経験したことがなかったものでしたし、その緊張感というか雰囲気がいいなって思ったんです。何より楽しかったですからね」

——グループリーグではアルゼンチンやフランスとも対戦している。A代表に置き換えれば、いわゆる強豪と言われる相手。フランスに1-1で引き分け、アルゼンチンには3-1で勝利しています。彼らと対戦して感じたことは?

「勝てない相手ではないということですね」

——それは具体的にいうと?

「一人ひとりの技術と、日本人としての強みである協調性はどの国よりも上だと感じました。そこに関しては互角というよりも、勝っているなという感覚があったんですよね」

——準々決勝でブラジルと対戦して3-2で敗れました。ブラジルにも同様の感覚でしたか?

「……うーん。これ、悔しいからあまり言いたくはないんですけど、そのときは勝てないと思いましたね。……あっ、でも、やっぱり、そうは言いたくない。これだけ勝てる、勝っていると実感したって言ったのに、勝てないとは言いたくないですよね。……でも、正直、そのとき感じたのは、勝てないという感情でしたね。明らかな差があったと思っています。そのブラジルですら準決勝でウルグアイに負けているし、さらにブラジルに勝ったウルグアイも決勝でメキシコに負けていますからね。世界は本当に広い」

——ブラジルに感じた、その「勝てない」という感覚というのは具体的にどういうところだったんですか?

「ブラジルはたぶん2、3人多かったです(笑)。絶対に、本当に、僕らよりも人数が多かったはず(笑)。それくらい圧力がかかるんです。11対11でやっている感覚じゃなかったんですよね。動きの質なんですかね。パワーを持って全員が攻撃に出てくるというか、一人ひとりが怖いんですよね。ゴールを守っていて、相手は本当に全員がゴールを狙っているんじゃないかというくらいの感覚がある。ただ、今、対戦したらどうなるか分からないですよ!」

——FIFA U-17ワールドカップではベスト8に進出しているし、育成年代では中村選手も勝てると感じたように互角に戦えている。それがA代表になると、なかなか結果が伴わない原因は、どこにあると考えている? まだ、育成年代の日本代表でプレーしている本人に聞くのは間違っているのかもしれないけど、どう考え、どう感じているのかなと。

「恐らくですけど、A代表になると、試合中はチームというよりも個々の局面、局面が多くなってくると思うんですよね。育成年代ではチームで勝とうとしているので戦える部分もあれば、その分、局面に慣れていないところがある。それが、いわゆる世界の強豪と言われるチームは、子供のころから局面でのプレーやトレーニングを積んできている。彼らはそういう練習や実戦を長い時間やってきている分、大人になったときに局面でのバトルやポゼッションで勝てなくなるのかなと……。僕らも局面での強さを身につけていかなければいけないですよね。強く、強くならなきゃいけない……」

——この数年間でどれだけブラジルに感じた差が縮まっているかを確かめるためにも、FIFA U-20ワールドカップに出場したいという思いも強いんですね。今、話してくれたことを実感することも含めて。

「それはありますね。もしブラジルと対戦できたら……それがしかも世界大会だったら、なおさら楽しみですよね」

1-2|どのチーム、どの相手が来ても勝つ準備はできています

——とはいえ、世界の舞台に立つには、目前に控えたAFC U-19選手権でベスト4に入らなければ出場権は得られない。しかも、グループリーグで対戦するのは中国、ベトナム、韓国と、決して楽な相手ではないですよね?

「もちろん。楽な相手は1つもないですよね」

——対戦相手にはどんな印象を抱いている?

「初戦を戦う中国とは対戦したことがないのですが、A代表の試合を見る限りでは、少しラフであったり、身体の大きな選手であったり、そういう選手が何人かいるのではないかという、簡単ですが、そんな印象を持っていますね。これから試合に向けてスカウティングしたことを、僕ら選手にも具体的に落とし込まれていくとは思うんですけど、現時点ではそんなイメージです。第2戦目を戦うベトナムは、1カ月前にも対戦していますが、普通に強いですよ。オーストラリアにも勝利しているくらいですからね。ベトナムに関して言えば、ちょっと僕ら日本に近い印象ですね。技術のある、うまい選手が数人いて、ゴール前で多くの選手がボールに関わってこじ開けようとしてくる。また中国とは違ったイメージですよね。最後、第3戦で戦う韓国は、これはたぶんですけど、僕らとやるときはボールを前に蹴って、セカンドボールを拾うサッカーをしてくるような気がします。それは韓国にとっての自分たちのサッカーでもある。彼らは非常にパワフルで、自分たちの特徴をうまく理解してやってくる」

——ベスト4進出という目標を達成するには、まずグループリーグを突破しなければならない。グループリーグを突破するのに必要な条件とは?

「なにはともあれ、初戦ですよね。初戦で勝てば勢いに乗れますからね。それはA代表のワールドカップも含め、誰もが言っているグループリーグを突破する方法だと思います。自然とAFC U-19選手権もそうなるので、必然的に初戦の中国戦が大事になってきます」

——アジアの同世代に関してはどのような思いを抱いている?

「負ける気はしないですよ。どのチーム、どの相手が来ても勝つ準備はできています。目標はまずはベスト4。世界大会への切符をつかむこと。それができなければ意味がないので。鈴木政一監督のコンセプトのもと、自分たちでボールを保持して崩していくサッカーを続けて、結果を残したいと思います」

——聞けば、2年前のAFC U-19選手権のメンバーにも招集されていたとか。直前でケガをしたため出場は叶わなかったとのことですが、その分、今大会には2大会分の思いがあるんですね。

「そうなんです。前回のU-19日本代表にも少し絡ませてもらっていたので、試合も見ていましたし、もし自分が出ていればどうなったかなという思いで試合も見ていました。そのときの思いもありますし、今回こそ結果を出したいと思います」

(後編に続く)

<プロフィール>
中村航輔●なかむら・こうすけ
1995年2月27日生まれ、東京都出身。柏レイソル所属。GK。背番号31。184cm/72kg。U-12、U-15、U-18と柏レイソルのアカデミーを経て、2013年にトップチームに昇格。各年代の日本代表に選出され、U-17日本代表時代は、FIFA U-17ワールドカップに出場し、ベスト8進出に貢献。10月9日より始まるAFC U-19選手権に臨むU-19日本代表にも選出された。Jリーグ公式戦出場はまだないが、将来の守護神として期待される逸材。9月23日のJ1第25節対鳥栖戦では初のベンチ入りを果たした。

<Information>
AFC U-19選手権 U-19日本代表グループリーグ日程
10月9日(木) 18:30KICKOFF vs中国
10月11日(土) 15:30KICKOFF vsベトナム
10月13日(月) 15:30KICKOFF vs韓国

柏レイソルの試合をスタジアムで見るなら!
http://www.reysol.co.jp/ticket/ticket_guide/

PAGE TOP
  • INDEX

NEW ENTRYNEW ENTRY

NEWSNEWS

PICK UP MATCHPICK UP MATCH

COLUMNCOLUMN

WORLD FOOTBALL COLUMNWORLD FOOTBALL COLUMN

INTERVIEWINTERVIEW

PREVIEW OF SPECIAL MATCHPREVIEW OF SPECIAL MATCH

【固定】twitter
【W杯予選】狙い通りの完璧な勝利で、日本代表が6大会連続W杯出場決める!
国内実績十分の“助っ人”たちの活躍が光るJリーグ[COLUMN]
【W杯予選】久保の活躍でタイに大勝も、露呈した課題
ストライカーの活躍はチームの成績と比例する[COLUMN]
【石川大徳】後編「ケガで苦しんでいる選手たちのサポートがしたい」
広島を支えた佐藤寿人と森﨑浩司が最後の試合で見せた姿勢[COLUMN]
広島・森崎浩司が現役引退を決意したきっかけと思い広島・森崎浩司が現役引退を決意したきっかけと思い
【関根貴大】仕掛け続けるサイドアタッカー。ボールに執着する姿は子犬のよう【PLAYER’S FILE vol.07】
【中町公祐】ピッチ内では泥臭く、ピッチ外では爽やかなボランチ【PLAYER’S FILE vol.06】
【伊東純也】抜群のスピードでピッチを駆け抜ける“IJ”【PLAYER’S FILE vol.05】
【江坂任】物腰の柔らかい紳士だがプレーは泥臭い「王子」【PLAYER’S FILE vol.04】

PICK UP MATCHPICK UP MATCH

RSS