SOCCER PUSH UP! powerd by a-ticketSOCCER PUSH UP! powerd by a-ticket

[ガンバ大阪]昨季の戦力をベースに戦う安定した優勝候補【J1戦力情報2017】

2017.02.20

[昨季成績]4位/17勝7分10敗53得点42失点

大森晃太郎が神戸へ、阿部浩之が川崎へ移籍したものの、基本的には昨季を戦った選手たちがベースとなる。長谷川健太監督が率いて5年目のシーズンを迎えるが、過去を振り返れば、コンスタントにACLへの出場を果たし、リーグ優勝はじめとするタイトルを獲得してきた実績は、たいしたものである。年間4位でシーズンを終えた昨季も、結果的にACLの出場権を獲得して、プレーオフを突破するとグループステージ出場を決めた。チーム編成を見ても、リーグ戦とACLを並行して戦っていくだけの体力を備えている。

主な補強ポイントとしては守備陣であろう。横浜FMからファビオ、清水から三浦弦太を加え、新たなるDFラインを形成する。DFリーダーとなる丹羽大輝は統率力があるだけに、連係構築には問題ないだろう。特に主力を担うであろうファビオはJリーグでの実績も十分。対人に強いファビオと、カバーリング能力にも優れた丹羽のCBコンビは、昨季より強固な守備を形成するはずだ。

攻撃陣に目立った補強がなかったのは、それだけ長谷川監督が昨季のメンバーに信頼と手応えを感じている証拠とも見受けられる。ACLのプレーオフでも得点したFW長澤駿は、3年目とあって自信をつけており、決定力だけでなくチャンスメイクもできるアデミウソンとのコンビは絶妙な相性を見せる。

チームには何より遠藤保仁と今野泰幸とう精神的支柱がいる。連戦でフル稼働するのは厳しい年齢に差し掛かっては来ているものの、随所でのプレーにはやはり違いがある。若手も順調に伸びてきているだけに、やはり今季もG大阪は、優勝候補のひとつである。

[主な移籍情報]
加入/IN
FW:郡大夢(←盛岡)
MF:泉澤仁(←大宮)
MF:井出遥也(←千葉)
MF:中原彰吾(←札幌)、森勇人(←名古屋)
MF:高宇洋(←市立船橋高)
MF:高江麗央(←東福岡高)
MF:食野亮太郎(←G大阪ユース)
DF:ファビオ(←横浜FM)
DF:三浦弦太(←清水)
DF:ペ・スヨン(ボイン高/KOR)
GK:鈴木椋大(←横浜FM)
移籍/OUT
DF:岩下敬輔(→福岡)
DF:西野貴治(→千葉)
MF:小椋祥平(→甲府)
MF:阿部浩之(→川崎)
MF:大森晃太郎(→神戸)
MF:岡崎建哉(→栃木)
MF:内田達也(→東京V)
FW:小川直毅(→未定)

PAGE TOP
  • INDEX

NEW ENTRYNEW ENTRY

NEWSNEWS

PICK UP MATCHPICK UP MATCH

COLUMNCOLUMN

WORLD FOOTBALL COLUMNWORLD FOOTBALL COLUMN

INTERVIEWINTERVIEW

PREVIEW OF SPECIAL MATCHPREVIEW OF SPECIAL MATCH

【固定】twitter
【W杯予選】狙い通りの完璧な勝利で、日本代表が6大会連続W杯出場決める!
国内実績十分の“助っ人”たちの活躍が光るJリーグ[COLUMN]
【W杯予選】久保の活躍でタイに大勝も、露呈した課題
ストライカーの活躍はチームの成績と比例する[COLUMN]
【石川大徳】後編「ケガで苦しんでいる選手たちのサポートがしたい」
広島を支えた佐藤寿人と森﨑浩司が最後の試合で見せた姿勢[COLUMN]
広島・森崎浩司が現役引退を決意したきっかけと思い広島・森崎浩司が現役引退を決意したきっかけと思い
【関根貴大】仕掛け続けるサイドアタッカー。ボールに執着する姿は子犬のよう【PLAYER’S FILE vol.07】
【中町公祐】ピッチ内では泥臭く、ピッチ外では爽やかなボランチ【PLAYER’S FILE vol.06】
【伊東純也】抜群のスピードでピッチを駆け抜ける“IJ”【PLAYER’S FILE vol.05】
【江坂任】物腰の柔らかい紳士だがプレーは泥臭い「王子」【PLAYER’S FILE vol.04】

PICK UP MATCHPICK UP MATCH

RSS