SOCCER PUSH UP! powerd by a-ticketSOCCER PUSH UP! powerd by a-ticket

[ヴィッセル神戸]豪華陣容を揃え、タイトルを狙える戦力は整った【J1戦力情報2017】

2017.02.22

[昨季成績]7位/16勝7分11敗56得点43失点

タイトル獲得に向けて、ネルシーニョ監督の準備は着々と進んでいる。優勝経験がないことから、それほど注目を集めてはいないが、陰の優勝候補があるとすれば、間違いなく神戸であろう。

昨季、2ndステージを2位で終えた実績もさることながら、今オフの戦力補強も見事だった。まず、チームの基盤となるDFには仙台から渡部博文を獲得。柏時代にも指導を受け、ネルシーニョ監督の戦術や戦略を熟知している渡部の加入は大きく、すぐにその緻密なスタイルをチームに落とし込むことができる。また、中盤の底にも頭脳明晰で知られる高橋秀人がFC東京から加わった。高橋は戦術理解が高いだけに、ピッチの指揮官としてネルシーニョ監督の意図をチームに伝えられる役割を担うことになる。

ペドロ・ジュニオールは鹿島に移籍したが、昨季得点王に輝いたレアンドロは健在。渡邉千夏に加えて、強烈な左足を武器とする田中順也も一員となり、FWの組み合わせは、さまざまなバリエーションが可能となった。獲得が噂されるルーカス・ポドルスキが夏に加われば、前線の選手層はJ1屈指だ。

相手に応じて戦い方やスタイルを変え、勝利にこだわる哲学は、昨季の2ndステージの成績が証明しているように、着実にチームに根付いている。ベテランに感化され、若手も伸びてきており、1年間を戦い抜く総合力も申し分ない。他にもウエスクレイや大森晃太郎、さらには大槻周平と、即戦力として期待できる選手を獲得しているだけに、十分に優勝は狙える。あとは、策士ネルシーニョ監督のお手並み拝見といったところだ。

[主な移籍情報]
加入/IN
FW:田中順也(←柏)
FW:大槻周平(←湘南)
MF:ウエスクレイ(←アトレチコ・ミネイロ/BRA)
MF:高橋秀人(←FC東京)
MF:大森晃太郎(←G大阪)
MF:安井拓也(←神戸U−18)
DF:渡部博文(←仙台)
DF:山口真司(←大分)
GK:前川黛也(←関西大)
GK:吉丸絢梓(←大分)
移籍/OUT
FW:ペドロ・ジュニオール(→鹿島)
FW:石津大介(→福岡)
FW:田代容輔(→未定)
MF:村松亮(→徳島)
MF:前田凌佑(→大分)
MF:増山朝陽(→横浜FC)
DF:相馬崇人(→引退)
DF:村松大輔(→清水)
DF:田中雄大(→札幌)
DF:高橋祥平(→磐田)
GK:山本海人(→千葉)
GK:松澤香輝(→徳島)

PAGE TOP
  • INDEX

NEW ENTRYNEW ENTRY

NEWSNEWS

PICK UP MATCHPICK UP MATCH

COLUMNCOLUMN

WORLD FOOTBALL COLUMNWORLD FOOTBALL COLUMN

INTERVIEWINTERVIEW

PREVIEW OF SPECIAL MATCHPREVIEW OF SPECIAL MATCH

【固定】twitter
【W杯予選】狙い通りの完璧な勝利で、日本代表が6大会連続W杯出場決める!
国内実績十分の“助っ人”たちの活躍が光るJリーグ[COLUMN]
【W杯予選】久保の活躍でタイに大勝も、露呈した課題
ストライカーの活躍はチームの成績と比例する[COLUMN]
【石川大徳】後編「ケガで苦しんでいる選手たちのサポートがしたい」
広島を支えた佐藤寿人と森﨑浩司が最後の試合で見せた姿勢[COLUMN]
広島・森崎浩司が現役引退を決意したきっかけと思い広島・森崎浩司が現役引退を決意したきっかけと思い
【関根貴大】仕掛け続けるサイドアタッカー。ボールに執着する姿は子犬のよう【PLAYER’S FILE vol.07】
【中町公祐】ピッチ内では泥臭く、ピッチ外では爽やかなボランチ【PLAYER’S FILE vol.06】
【伊東純也】抜群のスピードでピッチを駆け抜ける“IJ”【PLAYER’S FILE vol.05】
【江坂任】物腰の柔らかい紳士だがプレーは泥臭い「王子」【PLAYER’S FILE vol.04】

PICK UP MATCHPICK UP MATCH

RSS