SOCCER PUSH UP! powerd by a-ticketSOCCER PUSH UP! powerd by a-ticket

[サンフレッチェ広島]豪華陣容を揃え、タイトルを狙える戦力は整った【J1戦力情報2017】

2017.02.24

[昨季成績]6位/16勝7分11敗58得点40失点

森保一監督が率いて6年目のシーズンを迎えようとしている。チームは今、新時代に向けて新たなる一歩を踏み出そうとしているのかもしれない。初戴冠を果たしたときのエースだった佐藤寿人は出場機会を求めて名古屋に新天地を移した。また、生え抜きの森﨑浩司が現役を引退。J1初優勝の瞬間を知る選手も少なくなり、塩谷司をはじめとする次の世代が大黒柱へと成長している。

これまでも手堅い補強が多かったように、今季も補強は派手ではない。新エース候補としてバンクーバー・ホワイトキャップスから工藤壮人を獲得したが、他の即戦力は2列目での起用が濃厚なフェリペ・シウバとボランチの稲垣祥くらいだ。それだけにあくまで昨季を戦った選手たちがベースになる。

なかでも注目は、フェリペ・シウバである。森保監督も「賢い選手」と太鼓判を押す彼は、ブラジル人ながら献身性が特徴。昨季途中に加入したアンデルソン・ロペスとともに工藤の特長を活かせれば、昨季以上の攻撃力を発揮できるはずだ。

キャンプでは攻守の切り替え、特に高い位置での守から攻について取り組んできたというが、それを体現するには、主力がシーズンを通して活躍できるかどうかがカギを握っている。実際、開幕前にDF佐々木翔、MF柴崎晃誠らが戦線を離脱し、早くも苦しい台所事情が窺える。優勝したシーズンは、主力がフル稼働したことがひとつの要因だっただけに、王者奪還を目指すのであれば、青山敏弘や柏好文、さらには塩谷や千葉和彦といった経験者たちが揃って活躍することが条件になる。森保監督が新たに試みるサッカーがどのように変化してくのか。試合をしながらの成長スピードがカギとなるだろう。

[主な移籍情報]
加入/IN
FW:工藤壮人(←バンクーバー・ホワイトキャップス/CAN)
MF:稲垣祥(←甲府)
MF:フェリペ・シウバ(←セアラ・スポルティング/BRA)
MF:松本泰志(←昌平高)
DF:イヨハ理ヘンリー(←広島ユース)
GK:中林洋次(←岡山)
移籍/OUT
FW:佐藤寿人(→名古屋)
FW:ピーター・ウタカ(→未定)
MF:森﨑浩司(→引退)
DF:宮原和也(→名古屋)
GK:増田卓也(→長崎)

PAGE TOP
  • INDEX

NEW ENTRYNEW ENTRY

NEWSNEWS

PICK UP MATCHPICK UP MATCH

COLUMNCOLUMN

WORLD FOOTBALL COLUMNWORLD FOOTBALL COLUMN

INTERVIEWINTERVIEW

PREVIEW OF SPECIAL MATCHPREVIEW OF SPECIAL MATCH

【固定】twitter
【W杯予選】狙い通りの完璧な勝利で、日本代表が6大会連続W杯出場決める!
国内実績十分の“助っ人”たちの活躍が光るJリーグ[COLUMN]
【W杯予選】久保の活躍でタイに大勝も、露呈した課題
ストライカーの活躍はチームの成績と比例する[COLUMN]
【石川大徳】後編「ケガで苦しんでいる選手たちのサポートがしたい」
広島を支えた佐藤寿人と森﨑浩司が最後の試合で見せた姿勢[COLUMN]
広島・森崎浩司が現役引退を決意したきっかけと思い広島・森崎浩司が現役引退を決意したきっかけと思い
【関根貴大】仕掛け続けるサイドアタッカー。ボールに執着する姿は子犬のよう【PLAYER’S FILE vol.07】
【中町公祐】ピッチ内では泥臭く、ピッチ外では爽やかなボランチ【PLAYER’S FILE vol.06】
【伊東純也】抜群のスピードでピッチを駆け抜ける“IJ”【PLAYER’S FILE vol.05】
【江坂任】物腰の柔らかい紳士だがプレーは泥臭い「王子」【PLAYER’S FILE vol.04】

PICK UP MATCHPICK UP MATCH

RSS