SOCCER PUSH UP! powerd by a-ticketSOCCER PUSH UP! powerd by a-ticket

[昨季成績]4位(J2)/23勝9分10敗62得点46失点

昨季は昇格プレーオフを勝ち抜き3年ぶりにJ1へと返り咲いた。再びJ1を戦うに当たって、屋台骨となる指揮官を交代。2011年から2014年まで鳥栖を率いた実績のあるユン・ジョンファンを招聘した。練習の厳しさが有名な監督ではあるが、彼の指導によって個性豊かなタレントたちがさらに輝きを増す期待感は昂ぶっている。

続きを読む

[昨季成績]4位/17勝7分10敗53得点42失点

大森晃太郎が神戸へ、阿部浩之が川崎へ移籍したものの、基本的には昨季を戦った選手たちがベースとなる。長谷川健太監督が率いて5年目のシーズンを迎えるが、過去を振り返れば、コンスタントにACLへの出場を果たし、リーグ優勝はじめとするタイトルを獲得してきた実績は、たいしたものである。年間4位でシーズンを終えた昨季も、結果的にACLの出場権を獲得して、プレーオフを突破するとグループステージ出場を決めた。チーム編成を見ても、リーグ戦とACLを並行して戦っていくだけの体力を備えている。

続きを読む

[昨季成績]13位/8勝12分14敗37得点50失点

名波浩監督にとって初のJ1挑戦となった昨季は、13位でシーズンを終え、現実的な目標だった残留を勝ち取った。その上で迎えるJ1・2年目は、チームを刷新して作り直すくらいの覚悟が見受けられる。

チームにとって新たなる強みとなるのが、やはり中村俊輔の加入である。その左足ひとつで、試合の流れを変え、試合を決めてしまうレフティの加入は、多くの得点パターンを生み出すことであろう。

続きを読む

PAGE TOP
  • INDEX

NEW ENTRYNEW ENTRY

NEWSNEWS

PICK UP MATCHPICK UP MATCH

COLUMNCOLUMN

WORLD FOOTBALL COLUMNWORLD FOOTBALL COLUMN

INTERVIEWINTERVIEW

PREVIEW OF SPECIAL MATCHPREVIEW OF SPECIAL MATCH

【固定】twitter
【W杯予選】狙い通りの完璧な勝利で、日本代表が6大会連続W杯出場決める!
国内実績十分の“助っ人”たちの活躍が光るJリーグ[COLUMN]
【W杯予選】久保の活躍でタイに大勝も、露呈した課題
ストライカーの活躍はチームの成績と比例する[COLUMN]
【石川大徳】後編「ケガで苦しんでいる選手たちのサポートがしたい」
広島を支えた佐藤寿人と森﨑浩司が最後の試合で見せた姿勢[COLUMN]
広島・森崎浩司が現役引退を決意したきっかけと思い広島・森崎浩司が現役引退を決意したきっかけと思い
【関根貴大】仕掛け続けるサイドアタッカー。ボールに執着する姿は子犬のよう【PLAYER’S FILE vol.07】
【中町公祐】ピッチ内では泥臭く、ピッチ外では爽やかなボランチ【PLAYER’S FILE vol.06】
【伊東純也】抜群のスピードでピッチを駆け抜ける“IJ”【PLAYER’S FILE vol.05】
【江坂任】物腰の柔らかい紳士だがプレーは泥臭い「王子」【PLAYER’S FILE vol.04】

PICK UP MATCHPICK UP MATCH

RSS