SOCCER PUSH UP! powerd by a-ticketSOCCER PUSH UP! powerd by a-ticket

ルヴァンカップ準決勝の再戦!勝つのは横浜FMかG大阪か[PICK UP MATCH]

2016.10.20

pick2016_2_15|ルヴァンカップ準決勝でも対戦した横浜FMとG大阪

ルヴァンカップ準決勝でホーム&アウェイの2度対戦したばかりの横浜FM対G大阪が再び相まみえる。その2戦では、第1戦を0−0、第2戦を1−1で終え、アウェイゴールの差でG大阪が決勝に駒を進めたが、実質的にはドローであり決着はついていない。リーグ終盤で再戦するこの一戦でどちらが強いかを示すことになる。

そのG大阪は勝ち進んだルヴァンカップ決勝ではPK戦の末に浦和に敗れた次の試合となる。さらに1stステージで対戦した際にはホームで1−2と敗れているだけに、勢いを取り戻すとともに、横浜FMに勝利したいところだ。

一方の横浜FMは、惜しくも決勝進出を逃した苦い記憶が残っている。加えて横浜FMにとっては今シーズンのホーム最終戦となるだけに、勝ち点3を奪取するという以上に、勝利してサポーターと歓喜を分かち合いたいはずだ。

|あのときと違うのは、横浜FMには齋藤学がいること

試合は、ルヴァンカップ準決勝でもそうだったように、G大阪の前線からのハイプレスを、横浜FMがどうかいくぐってゴール前まで押し込むかになるだろう。そこでポイントとなってくるのが、ルヴァンカップ準決勝の際には、日本代表に招集され不在だった齋藤学のプレーとなる。あの準決勝では、なかなかゴールをこじ開けられない状況を見て、横浜FMのサポーターは誰しも「齋藤学がいれば」と思ったことだろう。

今節は、その齋藤がいる。彼が得意のドリブルでサイド、もしくは中央に切れ込み、G大阪のDF陣を引きつけることができれば、FW伊藤翔や逆サイドのマルティノスが数的優位の状況になるはずだ。

当然、G大阪も齋藤の存在は警戒してくるだろう。敗れはしたがルヴァンカップ決勝でも、直近のリーグ戦では4失点を喫していた浦和を相手に、セットプレーからの1失点に抑えた。最後のところではDF丹羽大輝を中心にした最終ラインで食い止めるが、前線から積極的にプレスを掛け、そこに2列目の倉田秋やボランチの井手口陽介、今野泰幸が連動することで、中央にボールを運ぶことを許さない。何よりG大阪も準決勝と違うのは、東口順昭がゴールマウスを守ると言うことだ。横浜FMの中盤を担う中町公祐、喜田拓也らはG大阪の組織的な守備を攻略しなければならないどころか、ようやくゴール前にパスを送ってもGK東口の牙城をも崩さなければならない。

G大阪は前線を担うアデミウソンが出場停止により不在。代わりに出場することになりそうな長沢駿、呉屋大翔といったFW陣は、ルヴァンカップ決勝の鬱憤を晴らすことができるか。アデミウソンは昨季、横浜FMでプレーしていただけに再びの古巣帰還とはならず、少々寂しい気もするが、横浜FMは負傷者を多く抱えているという側面もある。それほど時間が空かずに対戦する試合では、どちらの戦術がはまるのか。勝利するのは、ホーム最終戦で有終の美を飾りたい横浜FMか、それともルヴァンカップ決勝の敗戦のショックから脱したいG大阪か。

(文・原田大輔)

PAGE TOP
  • INDEX

NEW ENTRYNEW ENTRY

NEWSNEWS

PICK UP MATCHPICK UP MATCH

COLUMNCOLUMN

WORLD FOOTBALL COLUMNWORLD FOOTBALL COLUMN

INTERVIEWINTERVIEW

PREVIEW OF SPECIAL MATCHPREVIEW OF SPECIAL MATCH

【固定】twitter
【W杯予選】狙い通りの完璧な勝利で、日本代表が6大会連続W杯出場決める!
国内実績十分の“助っ人”たちの活躍が光るJリーグ[COLUMN]
【W杯予選】久保の活躍でタイに大勝も、露呈した課題
ストライカーの活躍はチームの成績と比例する[COLUMN]
【石川大徳】後編「ケガで苦しんでいる選手たちのサポートがしたい」
広島を支えた佐藤寿人と森﨑浩司が最後の試合で見せた姿勢[COLUMN]
広島・森崎浩司が現役引退を決意したきっかけと思い広島・森崎浩司が現役引退を決意したきっかけと思い
【関根貴大】仕掛け続けるサイドアタッカー。ボールに執着する姿は子犬のよう【PLAYER’S FILE vol.07】
【中町公祐】ピッチ内では泥臭く、ピッチ外では爽やかなボランチ【PLAYER’S FILE vol.06】
【伊東純也】抜群のスピードでピッチを駆け抜ける“IJ”【PLAYER’S FILE vol.05】
【江坂任】物腰の柔らかい紳士だがプレーは泥臭い「王子」【PLAYER’S FILE vol.04】

PICK UP MATCHPICK UP MATCH

RSS