SOCCER PUSH UP! powerd by a-ticketSOCCER PUSH UP! powerd by a-ticket

World Cup BRAZIL 2014 PREVIEW[2014.07.10]

2014.07.09

0710[準決勝]オランダ×アルゼンチン
|ロッベンかメッシか。カギを握る2人のドリブラー

 間違いなく2人のドリブラーがカギを握っている。オランダはアリヤン・ロッベン、アルゼンチンはリオネル・メッシである。彼らがいかに前を向いてドリブルを仕掛けられるかがこの試合の焦点となるだろう。そして、両チームの守備陣は、いかにしてこの2人を止めるのか——。
 5バックを採用するなど、さまざまな戦術と戦略により準決勝へと駒を進めてきたオランダが、武器とするのは、やはりカウンターである。アルゼンチン戦でも、おそらく多くのチャンスは自陣でボールを奪取してから素早くロッベンへ展開し、そのドリブルからロビン・ファンペルシー、ウェズレイ・スナイデルがフィニッシュを狙う形となるだろう。
 アルゼンチンはハビエル・マスチェラーノを中心とした強固な守備もさることながら、すべてはメッシである。運動量は決して多くないが、まるで彼はパワーを爆発させるときのために体力を温存させているかのようでもある。ここぞ、というときにスイッチを入れるメッシは、前を向くと簡単にドリブルで2、3人を抜き去り、確実にフィニッシュへと到達する。
 しかし、ここまでの戦いを見る限り、アルゼンチンは良くも悪くもメッシ次第といった雰囲気がある。彼が封じられている時間帯では、他に打開する策が見出せずにいる。唯一、可能性を持っていたアンヘル・ディ・マリアはコスタリカ戦で負傷し、準決勝への出場は危ぶまれている。代わりに負傷離脱していたセルヒオ・アグエロに復帰の目処が立ってきていることは朗報だが、エセキエル・ラベッシにしても、そのアグエロにしても、メッシほどの存在感はここまで発揮できていない。
 知略を持って試合に臨むオランダのルイス・ファン・ハール監督は、当然ながら、このメッシを封じる策を選手たちに授けることだろう。彼らはそうやって相手に合わせて戦い方を変えることで、ここまで勝利してきたのだ。ただし、懸念されるのは、ブルーノ・マルティンス・インディ、ステファン・デ・フライとともに3バックの一角を担ってきたロン・フラールがケガの影響で出場が微妙というニュースが入ってきていることだ。もし彼が欠場となれば、これまで築いてきた守備の連係に一抹の不安を抱えることになる。メッシは瞬間的な加速とコース取りによって、守備網の綻びを突いてくるだけに、封じるには阿吽の呼吸ともいえる連係が必要となる。フラールを欠いた場合、それを彼らは補うことができるのか。
 オランダで言えばディレク・カイトの健闘、アルゼンチンで言えばマスチェラーノのいぶし銀の働きと、貢献している選手は他にもいるが、勝負を決めるのは、なんだかんだ言ってもメッシとロッベンである。彼らのうち、どちらが輝くのか。試合のポイントは、そこに尽きる——。

(文:原田大輔)

[放送]7/10(木)5:00 TBS系

PAGE TOP
  • INDEX

NEW ENTRYNEW ENTRY

NEWSNEWS

PICK UP MATCHPICK UP MATCH

COLUMNCOLUMN

WORLD FOOTBALL COLUMNWORLD FOOTBALL COLUMN

INTERVIEWINTERVIEW

PREVIEW OF SPECIAL MATCHPREVIEW OF SPECIAL MATCH

【固定】twitter
【W杯予選】狙い通りの完璧な勝利で、日本代表が6大会連続W杯出場決める!
国内実績十分の“助っ人”たちの活躍が光るJリーグ[COLUMN]
【W杯予選】久保の活躍でタイに大勝も、露呈した課題
ストライカーの活躍はチームの成績と比例する[COLUMN]
【石川大徳】後編「ケガで苦しんでいる選手たちのサポートがしたい」
広島を支えた佐藤寿人と森﨑浩司が最後の試合で見せた姿勢[COLUMN]
広島・森崎浩司が現役引退を決意したきっかけと思い広島・森崎浩司が現役引退を決意したきっかけと思い
【関根貴大】仕掛け続けるサイドアタッカー。ボールに執着する姿は子犬のよう【PLAYER’S FILE vol.07】
【中町公祐】ピッチ内では泥臭く、ピッチ外では爽やかなボランチ【PLAYER’S FILE vol.06】
【伊東純也】抜群のスピードでピッチを駆け抜ける“IJ”【PLAYER’S FILE vol.05】
【江坂任】物腰の柔らかい紳士だがプレーは泥臭い「王子」【PLAYER’S FILE vol.04】

PICK UP MATCHPICK UP MATCH

RSS