SOCCER PUSH UP! powerd by a-ticketSOCCER PUSH UP! powerd by a-ticket

World Cup BRAZIL 2014 PREVIEW[2014.07.13]

2014.07.12

0713[3位決定戦]ブラジル×オランダ
|傷心のブラジルは最後の意地を見せられるのか

 世界中の誰もが自分の目に映る光景を疑った「ベロオリゾンテの惨劇」から3日が経とうとしている。ネイマールとチアゴ・シウバという攻守の柱を欠いての試合だったとは言え、23分からのわずか6分間でドイツに4失点を喫するという屈辱的な敗戦は、ブラジルの威信を大きく失墜させてしまった。
 W杯の歴史に残る衝撃的な事件として後世に語り継がれるであろう敗戦から立ち直るには、3日間という時間は少ないかもしれない。しかし、自国開催での優勝という夢が潰え、国中が深い哀しみと落胆に暮れた今、サッカー王国・ブラジルのプライドにかけてもこれ以上の敗北は許されない。「まだセレソンには希望がある」。そう思わせるためにも、この3位決定戦は負けられない一戦だ。
 一方のオランダは、PK戦にまでもつれこんだアルゼンチン戦をものにできず、2大会連続の決勝進出を逃した。アルゼンチン戦でも今大会で一貫して採用してきたカウンターサッカーを継続したものの、頼みのロッベンやファン・ペルシーが不発。PK戦でもアルゼンチンのGKロメロの好セーブに遭い、またもや頂点に立つことはできなかった。
 精神的な立ち直りが心配されるブラジルに対し、オランダも決して有利とは言えない。プレーの面では、グループステージで面白いようにはまっていたカウンターからの得点が決勝トーナメントに入ってから機能せず、流れの中からの得点が奪えていない。コンディションの面では、2試合連続でPK戦を戦ったことで選手たちの疲労はピークに達しており、ブラジルよりも休養が1日少ないことも不利な状況に拍車をかけている。相手守備陣はパスの出しどころであるスナイデルと、依存度の高いロッベンを抑えてくることは分かっているだけに、選手のコンディション調整と併せて、ファン・ハール監督がどのような策と修正を講じるのかに注目だ。
 ブラジルはメンタル面の回復が見込めれば、勝機は十分にある。最終ラインにはチアゴ・シウバが復帰するはずであり、ドイツ戦と同じ轍は踏まないだろう。こちらも問題は攻撃面だが、先発の1トップのフレッジを変えてくることも予想される。ブラジルを立ち直らせる良薬はゴールであり、勝利であることは間違いない。未来につながる1勝を手にするため、ブラジルは今大会最後の戦いに決死の思いで臨む。

(文:宮坂正志)

[放送]7/13(日)5:00 フジテレビ系

PAGE TOP
  • INDEX

NEW ENTRYNEW ENTRY

NEWSNEWS

PICK UP MATCHPICK UP MATCH

COLUMNCOLUMN

WORLD FOOTBALL COLUMNWORLD FOOTBALL COLUMN

INTERVIEWINTERVIEW

PREVIEW OF SPECIAL MATCHPREVIEW OF SPECIAL MATCH

【固定】twitter
【W杯予選】狙い通りの完璧な勝利で、日本代表が6大会連続W杯出場決める!
国内実績十分の“助っ人”たちの活躍が光るJリーグ[COLUMN]
【W杯予選】久保の活躍でタイに大勝も、露呈した課題
ストライカーの活躍はチームの成績と比例する[COLUMN]
【石川大徳】後編「ケガで苦しんでいる選手たちのサポートがしたい」
広島を支えた佐藤寿人と森﨑浩司が最後の試合で見せた姿勢[COLUMN]
広島・森崎浩司が現役引退を決意したきっかけと思い広島・森崎浩司が現役引退を決意したきっかけと思い
【関根貴大】仕掛け続けるサイドアタッカー。ボールに執着する姿は子犬のよう【PLAYER’S FILE vol.07】
【中町公祐】ピッチ内では泥臭く、ピッチ外では爽やかなボランチ【PLAYER’S FILE vol.06】
【伊東純也】抜群のスピードでピッチを駆け抜ける“IJ”【PLAYER’S FILE vol.05】
【江坂任】物腰の柔らかい紳士だがプレーは泥臭い「王子」【PLAYER’S FILE vol.04】

PICK UP MATCHPICK UP MATCH

RSS